二重に憧れている方が実際に二重にする方法と最近の流行

ページトップへ

美容に関する治療方法は様々な種類がある

種類によって違う

フェイス部分にできるしみの種類について

お肌のトラブルの1つにしみがありますが、しみにもいくつかの種類があります。頬骨辺りに左右対称にできるものは肝斑と呼ばれています。面積が広いことが多くお肌のくすみの原因でお悩みの方も多いです。老人性色素斑とよばれているものは、加齢に伴ってできる濃いもので紫外線を浴びることでメラニン色素が生成され沈着してしまうことが原因の1つです。そばかすは、小さなお子様でもあるもので、小さなしみが頬や鼻の周りに出るものです。その他にもニキビなどを潰してしまい炎症を起こして色素沈着を起こしニキビ跡としてしみになってしまうケースもあります。このように、しみにもいくつかの種類がありますが、それぞれ治療方法が異なります。美容クリニックなどでは、さまざまな治療がおこなわれています。

しみの予防方法や治療方法について

しみはメラニン色素の生成を抑えることで予防することができますので、美白スキンケア用品を使用される方が多いです。肝斑を改善させるのに効果的なのがトラネキサム酸です。この成分は、メラニンの生成を抑制しメラノサイトが活性化されるのを抑えてくれます。ビタミンCやL−システインなどを一緒に配合したサプリメントなども販売されています。紫外線が原因で出来てしまったしみを改善させるために効果的なのがレーザー治療やフォトフェイシャルです。レーザー治療は、ピンポイントでしみにアプローチすることができます。シミの濃さや深さなどによっては数回に分けて治療がおこなわれます。フォトフェイシャルはレーザー治療よりも比較的マイルドなフラッシュが使用され、しみだけではなくシワやたるみ改善効果も期待されています。