二重に憧れている方が実際に二重にする方法と最近の流行

ページトップへ

美容に関する治療方法は様々な種類がある

流し目が似合う

切れ長の大人っぽい目元を作る方法について

 小さな目を大きくするために二重まぶたにする整形手術を受ける人がたくさんいます。最近は、糸を用いて二重まぶたを作る埋没法という名前の整形手術を受ける人が増えてきましたが、クッキリとした二重のラインを長持ちさせたいのであれば、切開法による整形手術を受けるのが一番です。ただし、単純に目を大きくするのではなく、切れ長の大人っぽい目になりたいと考えている人は、切開法による二重まぶた形成術を受けるのと同時に、目尻切開の整形手術も受けるようにするのがおすすめです。目の縦の幅だけを拡張した場合、全体のバランスが崩れてしまい、幼い印象になってしまう可能性があります。でも、目尻を切開する手術も同時に受けるようにすれば、バランスの取れた魅力的な目にすることができます。

切らない二重まぶた形成術を受ける人が増えてきました

 先ほど、クッキリとした二重のラインを長持ちさせるためには、切開法による整形手術を受けるのが望ましいと書きました。それは事実なのですが、日本人の骨格に合った自然な印象の二重まぶたにしたい場合には、埋没法による整形手術の方が適しています。埋没法では、まぶたの裏側から糸を通し、二重まぶたになるような形でまぶたの皮膚を固定します。メスで皮膚を切開するわけではありませんので、術後の腫れを最小限に抑えることができます。また、違和感のない自然な目元にすることができるため、最近では多くの人が埋没法による手術を受けています。切開法の手術に比べると、料金がリーズナブルになっている点も人気を呼ぶ理由となっており、若い女性を中心に、大勢の人が埋没法を利用しています。