二重に憧れている方が実際に二重にする方法と最近の流行

ページトップへ

美容に関する治療方法は様々な種類がある
  • 流し目が似合う

    ぱっちりとした二重まぶたに整形することは、今や簡単に行うことができます。このとき、目のデザインはとても重要ですが、切れ長などまぶたの種類について知り、理想とするまぶたを明確にイメージすることが大切です。

    Read more

  • 種類によって違う

    しみの種類をよく観察することが、美容整形で治療をするときには重要なことです。肝斑とよばれるものは顔に広範囲で広がっているので、濃く変色した症状とはまた違った施術方法があります。

    Read more

  • 器具や注入

    鼻を高くするのは整形手術でしか行なえない特別な施術です。美容外科ではヒアルロン酸を注入したり、プロテーゼを入れて高くする方法など、いろんな方法が選択肢としてあります。

    Read more

  • 肌の痛いトラブル

    肌が乾燥がしわの原因と言われています。コラーゲンは減少などから保湿力が弱まり、乾燥してしまうということがあります。乾燥を防ぐために、コラーゲンやヒアルロン酸などの有効成分の入った化粧品を使っていくことが大事です。

    Read more

二重の実現とその方法

二重になれる方法とは

目元にコンプレックスがあり、二重瞼に憧れる人は多いです。化粧品の技術も発達し、簡単に二重になれるアイプチが人気です。アイプチは、特殊なノリのようなものやテープを使用することで一時的に二重瞼にできる優れものです。しかしながら、一時的な効果のため使用頻度が高くなることで炎症を起こしたり、肌荒れのトラブルになりやすいことも事実です。瞼は皮膚が弱いデリケートな部分なので、使用する際には注意が必要です。使用頻度の高さにうんざりし、プチ整形に挑む人も増えています。二重整形施術は、切開法と埋没法の2種類が主な方法です。切開法は、字の通り瞼の部分を切開する方法で永久的に効果があるといわれています。埋没法は、切らずにひだをつくりたい部分を糸で留める方法です。半永久的に効果があるといわれ、お手軽な施術方法として人気です。

プチ整形のメリットは

プチ整形をするメリットは、短時間の施術で済み、比較的料金が安いことがあげられます。人気の二重整形、埋没法の場合、期間が経つともとに戻ってしまう可能性も少なくありません。逆に、切開法ではやり直しがききませんが、埋没法なら仕上がりに不満があった場合、施術をやり直すことが可能です。美容外科によって、さまざまな施術方法を行っています。切開法にもミニ切開法という、一部分だけ切開するもの、埋没法にも1点留め、3点留め、戻りにくいブリッジ法などお悩みの目元に合わせて施術方法を選ぶことがおすすめです。また、プチ整形をすることで悩みが解消し、明るい生活を送ることができます。コンプレックスの解消は、自信につながり内面からの美を引き出してくれます。今後も手軽さからプチ整形で自信を持つ人が増えると考えられます。